ヤノベケンジ

Yanobe  Kenji

1965 年大阪生まれ。 1991 年京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。 1990 年初頭より、「現代社会における サヴァイヴァル」をテーマに実機能のある大型機械彫刻を制作。創作の原点は、幼少期に遊び場で過ごした大阪万 博跡地「未来の廃墟」。ユーモラスな形態に社会的メッセージを込めた作品群は国内外で評価が高い。 1997 年よ り、放射線感知服《アトムスーツ》を身にまといチェルノブイリを訪れる《アトムスーツ・プロジェクト》を敢行。 その後、 21 世紀の幕開けと共に、制作テーマを「リヴァイヴァル」へと移行し、近年では、腹話術人形《トらや ん》の巨大ロボットや、 2009 年には「第五福竜丸」をモチーフとする船《ラッキードラゴン》を制作し、火や水 を用いた壮大なパフォーマンスを展開するなど精力的に発表を続けている。 2011 年震災後、希望のモニュメント 《サン・チャイルド》を発表し、現在に至るまで、福島や世界各地を巡る。 2012 年『福島ビエンナーレ、』 2013 年『瀬戸内国際芸術祭 2013 』、『あいちトリエンナーレ 2013 』に出展。現在、京都造形芸術大学 教授兼ウルトラファクトリー・ディレクター。

 

 

 

 

ヤノべケンジ《 SHIP‘S CAT 》